予習、復習のやり方

予習のやり方

  英文を書いて、1行ずつ和訳していくというのが一般的な中学生の予習方法だと思います。しかし、このやり方だけでは、新しく習う単語の発音や英文の流れをつかむことが出来ません。

まずは、新しく習う単元の英文をリスニングCDなどで聞いて、真似をしながら音読することをおすすめします。この段階では意味は分からなくて構いませんので、新しく出てきた単語の発音や、英文のリズムを確認してください。

次に、単語の意味を調べる、だいだいの内容をつかんでいきましょう。

復習のやり方

 まずは、単語の読み書きをしっかり身につけてください。出来るだけ毎日練習しましょう。

次に、習った英文は暗唱出来るまで声に出して読んでください。英語は英文を覚えることが大切です。和訳を覚えて英語の勉強をした気にならないようにしましょう。

また、文法事項の重要なところはノートにまとめるようにしましょう。
余裕があれば、自分で文法問題集をやってみることをおすすめします。

(Visited 37 times, 1 visits today)